スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住基ネット・前市長への取り立て裁判の第3回公判は、7/3(火)10:30〜、@東京地裁705

上原元市長は議会の切断要請決議や個人情報保護審議会の答申、市民アンケートの反対の声の多さを受けて、2003年に住基ネットを切断しました。
一方で、将来の再稼動に備えて住民情報データのバックアップをとってきました。

2007年に就任した関口前市長は、選挙公約に基づいて住基ネット切断を継続する一方、上原元市長時代から続くデータ・バックアップの委託(年間40万年弱)を続けてきました。

2011年に就任した佐藤現市長は、データ・バックアップを続けながら切断してきた住基ネットを再稼動する一方、公約にはなかった、住基ネットをめぐる住民訴訟の高裁上告を取り下げ、「データ・バックアップ委託料の支出は違法」とした地裁判決を確定させました。

その後、前市長に報復するように、住基ネット・データ・バックアップ委託料約40万+年利5%を取り立てる裁判を起こしました。

その取り立て裁判の第3回公判が行なわれます。
市長交代による上告取り下げという異例のやり方とはいえ、住民訴訟で一審判決が確定しているため、型通りの裁判になれば短期間で取り立て判決が出るところでしたが、裁判長は「前の住民訴訟のやり直しになる」というスタンスを表明し、あらためて住基ネット及び切断に伴う支出をめぐる判断が下されそうです。
傍聴席は50席程度しかありませんので、先着50人。
気鋭の代理人弁護士が、おかしな現・国立市政の主張にバッサリと切り込みます。ぜひ、傍聴にお越し下さい。

 日時 2012年7月3日(火)午前10:30〜
 場所 東京地方裁判所7階705法廷
スポンサーサイト

国立市の出前講座『住基ネットと犯罪』を開催します

国立市出前講座・わくわく塾
住基ネットと犯罪
2012年5月23日(水)19時~ 公民館 集会室
公民館

あなたのギモンに
国立市の
職員さんが
わかりやすく
答えてくれます!


「成りすましや詐欺…くにたち市は大丈夫?」
「住基カードの偽造は簡単?」
「情報流出しない?」
「武蔵野市でDV被害者の情報漏洩事件!くにたちは大丈夫?」
「そんなに税金使って大丈夫?」
「住基カードなくしたらどうするの?」
「何がどう便利になったんですか?」
「年金で未収録のハガキが来たけど、どうなってるの?」

問合せ先
住基ネットも共通番号もいらない!くにたちの会
070-5568-2145


住基ネットからの個人情報漏洩事件が発覚しました

愛媛新聞・住基ネット

愛媛県懲戒処分

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

住基ネット切断で1億5千万円節約できた

コスト
くにたちキャンペーン
ツイッター
プロフィール

住基ネットも共通番号もいらないくにたちの会

Author:住基ネットも共通番号もいらないくにたちの会
juki_kunitachi@yahoo.co.jp
FAX:042-573-4010
〒186−0004国立市中1−19−10

【カンパ振込】
 多摩信用金庫 国立支店
 (普通)3851722
 住基ネット・国立の会

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数(9/15〜)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。