スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住基ネット・前市長への取り立て裁判も佳境に入りました。9/25(火)10:30〜、@東京地裁705です。

上原元市長は議会の切断要請決議や個人情報保護審議会の答申、市民アンケートの反対の声の多さを受けて、2003年に住基ネットを切断しました。
その一方で、将来の再稼動に備えて住民情報データのバックアップをとってきました。

2007年に就任した関口前市長は、選挙公約に基づいて住基ネット切断を継続しながら、上原元市長時代から続くデータ・バックアップの委託(年間40万年弱)を続けてきました。

2011年に就任した佐藤現市長もデータ・バックアップを継続する一方、「選挙公約だから」と切断してきた住基ネットを再稼動しました。

ところが佐藤市長は、選挙公約にもないのに住基ネットをめぐる住民訴訟の高裁上告の取り下げを独断で強行し、「データ・バックアップ委託料の支出は違法」とした地裁判決を確定させました。
そして前市長に報復するように、住基ネット・データ・バックアップ委託料約40万+年利5%を取り立てる裁判を起こしました。

原告・国立市は、それまで市を訴えてきた住民の代理人弁護士を雇いました。
国立市に訴えられた関口・元市長は、市長時代とは別の体制で弁護団を組み、おかしな現市政の主張にバッサリと切り込んでいます。

市長交代による上告取り下げという異例のやり方とはいえ、住民訴訟で一審判決が確定しているため、型通りの裁判になれば短期間で取り立て判決が出るところでしたが、裁判長は「前の住民訴訟のやり直しになる」というスタンスを表明し、あらためて住基ネット及び切断に伴う支出をめぐる判断が下されそうです。

その取り立て裁判の第4回公判が行なわれます。
双方が準備書面を提出し、裁判長をはさんで若干のやり取りが行なわれますが、ある程度、論点が出尽くしたと裁判長が判断すれば、そろそろ結審する可能性があります。

ヤマ場を迎えた裁判に市民の目が欠かせません。
ぜひ、傍聴にお越し下さい。
傍聴席は50席程度しかありませんので、先着50人です。

 日時 2012年9月25日(火)午前10:30〜
 場所 東京地方裁判所7階705法廷

テーマ : 地方行政と政治
ジャンル : 政治・経済

【朝日新聞2012/09/06】共通番号 熟議なし 民自公、臨時国会で法案成立目指す 必要性・利便性向上に疑問

 共通番号制推進で固まっていたマスコミの中でも、徐々に疑問を呈する論調が出てきました。

 民主党は「消費税増税とセットの低所得者貸借(給付つき税額控除)導入のために、所得を把握するために共通番号を導入する」と主張していましたが、官僚主導でつくられたマイナンバー法案の「目的」には明記されず、別の目的で使われることが明らかになっています。民主党が消費税増税を「社会保障の充実財源と財政再建のため」と主張していながら、民自公3党で談合して採決を強行した消費税増税法には「公共事業に流用できる」規程が入ったのと同じです。

 そもそも共通番号制を導入したところで、富裕層の海外での金融取引や自営業の消費者との取引には使えず、所得把握にはつながりません。
 しかも自民党と公明党は、所得把握が必要な「給付つき税額控除」に反対し、増税時の低所得者対策として「軽率減税の導入」を求めているので、共通番号制そのものが必要ないはずです。
 ところが今回も3党(+官僚)の「密室談合」で、市民のほとんどが知らないうちに、秋の臨時国会で採決をしようとしています。

 公明党が与党入りのバーター取引で賛成に回った住基ネットも、市民のほとんどが知らないうちに自民・自由・公明の3党連立政権で強行採決され、実際にスタートする際に大きな反対の世論が広がりました。しかしこの時はまだ民主党が野党としてのスジを貫いて反対し、その後も数年間、住基ネット廃止法案を国会に提出し続けました。
 ところが今回は与野党ぐるみの談合、しかも法案修正作業は一部の実務者が密室で進め、当の国会議員でさえ内容がわからないまま、「3党合意したら賛成」との結論ありきで進んでいます。少数者の談合で政治が進められるなら、政党も国会も意味がありません。【ちば】

朝日新聞120906

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【共同通信20120805】利点 実感なく 住基ネット10年 政府 共通番号制活用へ

共同通信120805

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

住基ネット・前市長への取り立て裁判の第3回公判は、7/3(火)10:30〜、@東京地裁705

上原元市長は議会の切断要請決議や個人情報保護審議会の答申、市民アンケートの反対の声の多さを受けて、2003年に住基ネットを切断しました。
一方で、将来の再稼動に備えて住民情報データのバックアップをとってきました。

2007年に就任した関口前市長は、選挙公約に基づいて住基ネット切断を継続する一方、上原元市長時代から続くデータ・バックアップの委託(年間40万年弱)を続けてきました。

2011年に就任した佐藤現市長は、データ・バックアップを続けながら切断してきた住基ネットを再稼動する一方、公約にはなかった、住基ネットをめぐる住民訴訟の高裁上告を取り下げ、「データ・バックアップ委託料の支出は違法」とした地裁判決を確定させました。

その後、前市長に報復するように、住基ネット・データ・バックアップ委託料約40万+年利5%を取り立てる裁判を起こしました。

その取り立て裁判の第3回公判が行なわれます。
市長交代による上告取り下げという異例のやり方とはいえ、住民訴訟で一審判決が確定しているため、型通りの裁判になれば短期間で取り立て判決が出るところでしたが、裁判長は「前の住民訴訟のやり直しになる」というスタンスを表明し、あらためて住基ネット及び切断に伴う支出をめぐる判断が下されそうです。
傍聴席は50席程度しかありませんので、先着50人。
気鋭の代理人弁護士が、おかしな現・国立市政の主張にバッサリと切り込みます。ぜひ、傍聴にお越し下さい。

 日時 2012年7月3日(火)午前10:30〜
 場所 東京地方裁判所7階705法廷

【朝日新聞2012/06/28】低所得者対策にも必要な共通番号って? 宙に浮く共通番号 審議入り、まだ不透明

朝日新聞120628-2朝日新聞120628-1

国立市の出前講座『住基ネットと犯罪』を開催します

国立市出前講座・わくわく塾
住基ネットと犯罪
2012年5月23日(水)19時~ 公民館 集会室
公民館

あなたのギモンに
国立市の
職員さんが
わかりやすく
答えてくれます!


「成りすましや詐欺…くにたち市は大丈夫?」
「住基カードの偽造は簡単?」
「情報流出しない?」
「武蔵野市でDV被害者の情報漏洩事件!くにたちは大丈夫?」
「そんなに税金使って大丈夫?」
「住基カードなくしたらどうするの?」
「何がどう便利になったんですか?」
「年金で未収録のハガキが来たけど、どうなってるの?」

問合せ先
住基ネットも共通番号もいらない!くにたちの会
070-5568-2145


【朝日新聞2012/5/1】反対言いにくい番号制 社会保障 目玉に 99年改正住基法の強行採決

朝日新聞120501

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

学習会 「共通番号制度は何をもたらすか」へご参加を

住基ネットをベースにつくられる「国民共通番号制」が急な動きを見せています。マスメディアでは、「税と社会保障の一体改革」として、消費 税の税率アップ論議のみクローズアップされていますが、国民背番号制と何ら変わらない共通番号が立ち上がってくることに対して、国民の危機感は高 いとは言えません。

とれるところから税を絞りとり、社会保障の切り詰めを目論むこの“改革”のためのインフラが、この共通番号です。プライバシーが丸裸にされ、行政 が個人情報を一括管理をするこの制度を許してはなりません。
そこで、13日金曜日に、表題の学習会を行います。プライバシー・アクション代表の白石孝さんに、共通番号制の問題点、現状の動き、これから どうなるかをお話ししていただきたいと思います。

「マイナンバー」というゆるい名称に誤魔化されることなく、この制度に反対をして行きましょう。学習会に参加して、共通番号について知ってください。よろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++

■4・13学習会 「共通番号制度は何をもたらすか」

4月13日(金)夜7時スタート @国立公民館(クリックすると地図のあるページが開きます) 地下ホールにて
講演:白石孝(プライバシー・アクション代表)
主催:住基ネットも共通番号制もいらない!くにたちの会(旧・みんなで決めよう!「住基ネット」住民投票くにたちの会) 
資料代:500円


住基ネットからの個人情報漏洩事件が発覚しました

愛媛新聞・住基ネット

愛媛県懲戒処分

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

住基ネット・住民投票の会は3/1にクローズしました

昨年秋からの、直接請求・署名運動に始まり、臨時市議会まで
多くの市民のみなさんにご支援をいただき、本当にありがとうございました。

佐藤国立市長は、住基ネットについての住民調査も説明会も行なっていません。
市民には説明する必要もないし、その意見を聞く必要もないと考えているのでしょう。
「大事なことは市民がみんなで決めよう」という市民の声に、議会は応えず
残念ながら、条例案は否決されました。

しかしながら、住基ネットについて、市民の間で一定の議論を起こすことができたのは
直接請求の一つの成果であったと考えます。


みんなで決めよう!「住基ネット」住民投票くにたちの会は
3月1日をもって、活動の幕を閉じることにします。

今後、住基ネットの運営状態および国民共通番号制について
市民としてしっかりと注視していきたいと考えます。
くにたちキャンペーン
ツイッター
プロフィール

住基ネットも共通番号もいらないくにたちの会

Author:住基ネットも共通番号もいらないくにたちの会
juki_kunitachi@yahoo.co.jp
FAX:042-573-4010
〒186−0004国立市中1−19−10

【カンパ振込】
 多摩信用金庫 国立支店
 (普通)3851722
 住基ネット・国立の会

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数(9/15〜)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。